ロレックスを大切にするなら定期的にオーバーホールを依頼

時計のメンテナンス

時計の修理

どこで出来るのか

オーバーホールとは、機械製品を部品単位まで分解して汚れを落としたり調整をしたりすることによって新品の状態に近づけるメンテナンスのことです。3〜4年に一度程度の間隔で行うことが良いと言われています。オーバーホールを依頼する場合は、購入店や製造元であるロレックスに問い合わせをするのが一番確かな方法です。ただし、オーバーホール専門の修理業者に依頼するという方法もあります。修理業者の場合には、ロレックス社での修理料金よりも比較的安い料金で修理してくれますし、仕上がりも早いです。費用で考えた時には非常に魅力的であります。しかし、オーバーホールにはそれなりの技術が必要です。確かな技術をもった修理業者を選ぶ必要があります。

オーバーホールの必要性

ロレックスも車と同じように機械の内部に油が使われています。その油は、時間の経過と主に劣化したり汚れたりしていきます。調子よく動いているように見えても、そういった油の劣化でパーツの摩耗が起り時計寿命を縮めることになってしまいます。洗浄で済むはずだったパーツが、交換となれば費用も倍以上に掛かることになってしまいます。希少な部品である場合にはスイスの本社に送る必要があり、費用だけでなく修理期間も大幅にかかることになります。そのためにも定期的なオーバーホールをしていく必要があると言えます。もちろん、調子が悪いと思ったならば年数に関係なくオーバーホールの検討をしてください。ロレックスを愛用していくうえで、オーバーホールは絶対に欠かすことのできないものです。